気になる最近の情報について

〜PC初心者のスキルアップ作戦から福島原発事故の現状まで〜

パソコンを買ったけどー。ネットは見てるけどー。メールと検索はするけどー。他には。。。??
パソコン初心者でもできることを一緒に探っていきましょう。使えるサイト、面白いサイトなどインターネット情報を掲載しています。
最近は主に福島第一原発事故情報を発信。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

BUYMAのリスクとは?バイマというサイトについて

JUGEMテーマ:インターネット

アフィリエイトでかなり稼いでいる弟からの情報で
「BUYMA」=バイマというサイトがあり、このサイトだけで
1か月に約800万くらいの売上があるという女性が
いるというので私も挑戦してみました。

この女性はBUYMAで稼ぐという情報商材も売っている
みたいですが、もちろんそんなものは買わずに自己流。

BUYMAというサイトはオークションと違って
手元に商品がなくともそれを売ることが許されているという
サイトです。

例えば、歩いていて「これ、売れる!」と思ったら、
そのお店に交渉してその写真だけ撮らせてもらい、
その写真をBUYMAの自分のページ(バイヤー登録)に
載せる。この時点では「これ、売れる!」と思った商品を
仕入れません。仕入をせずに写真だけ載せる。
BUYMAのサイトにショッピングに来た人がその写真を見て、
注文してくれれば、(受注)基本的には18日以内に
お客様のところにお渡しできるよう、ここで初めて
商品を仕入れて注文主に発送するという仕組みです。

仕入れをするのは受注の後なので、在庫を持たずに
販売ができるという仕組みです。オークションだったら手元に商品が
ないのに写真を載せて売ると、詐欺になりますよね。
それが、実際に注文を受けてから仕入の発注すればOKで、
手元にその商品が来てからお客様に発送するので
在庫を抱えるリスクがないというのが売りのサイトが
バイマなのです。

そして、BUYMAに出品するというメリットは
BUYMAというサイト自体がとても大きなサイトであり、
集客力があるということなのです。
小さなネットショップを開くのと違って、集客力が格段に違い、SEOに
悩まなくても勝手にお客さんが集まるということで
いいことばかりのようです。

なのでやってみました!!

やっぱり大変でした!!!!

私の神経は持ちませんでした。
仕入にお金を使うのは受注の後なんだから在庫を抱えて
苦しむことはないはずなんですが。。。

バイマの商品は殆どが海外ブランドの輸入品です。
そして上記で書いた、道をあるいていて「これ 売れる!」
というのは海外に住んでいる人だけ。
日本に居るバイヤーは実際には海外のサイトをネットで
チェックして、そのサイトから写真を切り取り、
それを加工して自分のサイトに貼り付けています。

これって、本当は著作権侵害でしょう。
許可を得ずに勝手にサイトから写真を取ってきて
写真を加工していいのか〜?
でも最終的にはその写真をお借りしたサイトに行って
注文するんだからいいのかと自分を納得させて、
私もやってみました。

毎日海外のサイトをチェック、売れそうな商品の
を探すのです。でも日本に入ってくるときの関税やら
送料を考えると結構お高くなってしまうので
商品選びに結構時間がかかりました。
仕入れ値+海外からの送料+関税+お客様への発送送料
これに自分の手数料を入れると納得できるような
値段にならない。。。また、同じブランドの同じ商品は
値段での競争になり、利幅が少なくとても厳しいのです。

なので、人が仕入れていないような商品でかつ、
お安く、自分も欲しいと思える商品という
のを見つけようとするととても時間がかかりました。

海外のサイトでSALEになっているものの写真を
載せたりしましたが、ある時チェックすると
もう在庫切れだったりするのです。在庫がないのに載せていると
やはり信用にかかわるので、困りました。


開始から一か月で受注がありましたが、お客さまの注文が
これほど苦痛な商売はないなと思いました。

だって注文を受けてからイギリスに発注(自分のクレジットカードで
購入)したのですがロイヤルメールは遅いんです。
10日くらいかかって、日本に入ってきました。
ロイヤルメールのの追跡番号を検索していま日本の郵便局に
引き渡されたとか、手元に到着したとかお客様に連絡しなくては
なりません。その連絡が結構手間なのです。もちろん神経が太い
人ならそんな連絡をせずにやっているのかもしれませんが、
私はインターネットショッピングも結構するので買い手の気持ちも
よくわかります。
注文後、どうなっているか連絡をもらわなければ
そう気長に待てるものでもありません。

だから逐一連絡することになり、これが結構疲れました。

それから私の場合はイギリスから送られてきた商品をチェックすると
不備などなく、きれいでしたが、万が一、関税を支払って
手元に商品が来た時点で傷などがあった場合、お客さんにも
迷惑をかけますし、その傷のある商品を返品する交渉をして、
高い送料をかけて海外へ送り返さなければなりません。

在庫のリスクはなくともそんなリスクがあるなあと
やってみてわかりました。

結局バイマは海外サイトで直接ショッピングできない人のための日本語
サイトであり、英語が多少わかる人が英語ができない人あるいは
クレジットカードカードを持っていない人の代わりに
自分のクレジットで立て替えて購入してあげることで
その手数料をとっているというのが実態なのでした。

仕入れのリスクはなくとも海外との距離が十分なリスクであり、
海外サイトの写真乱用が今後このサイト自体のリスクにならないかと
不安にかられ、私はやめてしまいました。

 
ネットビジネスのスキルアップ作戦 | permalink | - | - | - | -

トレンドライフE-BOOK白書について

今日はトレンドライフの「E-Book白書」についてです。
トレンドライフの山岸さんについては過去の記事でも
何度か触れていますのでそちらも参考になさって下さいね。
E-Book白書の過去記事はこちら

私も一ヶ月ほど前に購入したのですがとても充実しています。
総ページ数はPDF版で379ページ(私が購入したのは
値段改定後すぐですのでそれからまた白書に追加された
商材がありますので現在はもっとページ数は増えていると思います)

インターネットビジネスをしようと思っている人がいたら
是非読んでいただきたいのがE−Book白書です。

情報商材といわれるいわゆる電子書籍がネット上で販売
されていますが、その電子書籍を客観的に評価して
それをまとめたのがE-Book白書です。
各商材の内容も公開しています。

たとえばそれぞれの商材の項目、目次など
各章で何について書かれていてその検証結果はどうかなど
大まかな商材の内容についてはわかる仕組みです。


これがおすすめできるというのは
情報商材についてアフィリエイトしている人=アフィリエイターが
書いているレビューではないことです。

この本を買う購入者層はアフィリエイターや投資家を含めて
これからネットで何らかのビジネスを志す人だと思いますが、
購入者側の視点に立ってこれは使える情報、これは使えない情報
というのをはっきりと示している点が評価できます。


アフィリエイターが商材のレビューを書くと
どうしてもその商材の良いところだけを書いてしまいますよね。
というのは自分の利益にも関わってくるからです。

そういったことがないわけです。
いままでになかった立場の唯一の電子書籍といっていいと思います。

かといって、商材を批判するばかりではないです。

私はトレンドライフのメルマガを読んでいたので
結構批判的なことが多く書かれているのかなあと思いましたが
良い商材(電子書籍)についてはとても評価していて、
またその商材を書いた人の評価できる点もきっちり評価しているので
いやな気持ちになることなく読めました。


ですからこれからネットでビジネスしようと思っている方に
自分の位置を確かめる意味でも、自分がどういった手法で何をすれば
いいかを総合的に判断するにはおすすめです。


それこそ何百という情報が一杯詰まっています。
読み物としても読むだけでも面白いですし、
読むだけでかなり勉強にもなります。


ただし、パソコン初心者向けではありません。
少しでもいいからアフィリエイトや投資、情報起業などなんらかの
ネットでのビジネスを実際にかじったことがある、したことがある
人向けですね。


というのは各商材のノウハウの肝の部分や骨子、総評は
書いてありますが、具体的なプロセス、
図解や動画が入っているわけではありません。

だから細かい手法を知りたいのであれば
購入は向かないです。


超初心者ではなく何らかの一歩を踏み出していて
もっと少しステップアップしたいときにはおすすめの本になります。
というのはいろんなノウハウを濃縮してあるのでそれを
エキスのように吸えるからです。

そうですね〜、E-book白書は情報商材の濃縮エキスみたい
な感じです。
だからエキスでは物足りない、じっくりとひとつの果実を
味わいたい人には向かないと思います。


ただし、500万円近くの投資からできた濃縮エキスなので
それを低価格で味わえるのはいろんな果実の味を知りたい
者にとっては有難いです。

私は結構ネットビジネス系の電子書籍(情報商材)
を購入してしまいましたが(結構。。。汗;!!)
早くこれに出会いたかった!

未だかつてない商材で、各商材の検証を行っている
かつてない情報量の商材です。これを持っていて損することは
まずないと思います。ビジネス、投資系は特に検証して欲しいですからね。
本当に著者が言っていることが正しいのか、そうでないのか。
それがわかるE-Bookだと言えるでしょう。

もう無駄な情報は買いたくない


infoblogランキング
人気ブログランキング
↑↑↑
ポチっとしていただけると
すごーくうれしくて
また更新する力が出ます♪

この記事へトラックバックしてください、アクセスアップします。
トラックバックの仕方はこちらです。


  
ネットビジネスのスキルアップ作戦 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

無料レポート配布中です。

昨日より無料レポートを配布中です。
表題は「無料レポートの作り方」という題名ですが、PDF形式の電子書籍をさくっと作る方法を
詳しく図解で解説してみました。
リンクの張り方やフッター、ヘッダーの作り方、表紙の作り方まで書きましたので
是非ご興味がありましたらダウンロードしてみてくださいね。

ブログでも使える「画面の一部を切り取って貼り付ける方法」も図解で解説しましたので、
無料レポートなんか作らないけど、ブログはなんとかしたいという方にとっても
使える情報ではないかと思っています。

こちらのブログから登録していただくと、私から直接レポート配布サイトアドレスをお知らせする形をとっています。
右サイドバーからどうぞ。

それから、先日ご紹介したE−Book白書ですが、冊子版はなくなりそうです。

以下、トレンドライフさんよりのメールです。
-----------------------引用-------------------------

「E−BOOK白書2008 春 増補最新版 」ですが、

1200部印刷し、886部御座いました在庫が、
予想外の反響に今夜中、ないし明日の午前中
の注文で【完売】の見込みです。
(4月30日午後5時締めで残部数144部)

ちょうど月末でタイミングが良すぎますが、
これはこの業界特有のマーケティング手法ではなく、
偶然による事実です。

在庫が50を切った段階で、書籍版を【完売】とし、
発売を中止し、【pdf版】に切り替えます。

何卒ご理解を頂きたく存じます。
-----------------引用終わり------------------------




ところで、昨日登録した無料レポートが、一日で130名を越す方に読まれました。とてもうれしいです♪
今後皆様のお役に立つ情報のひとつになれば幸いです♪


infoblogランキング
人気ブログランキング
↑↑↑
ポチっとしていただけると
すごーくうれしくて
また更新する力が出ます♪

  
ネットビジネスのスキルアップ作戦 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

トレンドライフの山岸さんが

以前にこのブログでも紹介したトレンドライフの山岸さんがイーブックサーベイ社と提携してネットビジネス系の有名商材を検証してその商材のポイントなどをまとめた本を出版しています。

----------------------ここから引用です---------------------------------------

イーブック、いわゆる電子書籍市場はこの数年、大手出版社の参入でコミックを中心に倍々で拡大しています。インプレスR&Dの調べでは2005年度の電子書籍市場規模は45億円、2006年度の同市場規模を94億円、刊行点数8万点と推計し、日経産業新聞では、今年度は200億円台を突破すると報じました。

私共トレンドライフでは世界の優れたコンテンツを各国語に翻訳して、スピーディーにデジタルコンテンツとして普及することを使命とするイーブックサーベイ社と提携し同社のコンテンツの日本国内での独占販売権を取得いたしました。我が国ではここ数年「情報商材」と通称されるPDFファイル形式の高額なノウハウ情報冊子が非良心的な、違法性の強い販売サイトで乱売されております。

当然、本来であれば電子書籍の一形態と目されるべき商品でありながら公式な統計にも勘定されない、いわばアンダーグラウンドな市場として伸長を遂げてきたのです。現在情報商材の流通金額の90%近くを大手3ASP(インフォトップ、インフォカート、インフォストア)を経由して決済されているとされていますが、各ASP関係者が2007年6月時点で公開しているデータや非公式に述べた数字を総合すると商材流通金額が年間120億円、アフィリエイター数7万人、出品商材数延べ9000点、購入履歴者数20万人というマーケット像が浮かび上がります。

今年1月にライブドアが行った調査でも、情報商材の市場規模を91億円と算定しております。このように、発刊点数で1割以上、流通金額では拮抗する巨大市場になりつつあるにもかかわらず、公式の市場と世間から認知されず、且つ、電子書籍の信頼性を損なうようなコンテンツ、広告が横行することは生粋の出版人とし、ジャーナリストとしても看過できるものではありません。

今回イーブックサーベイ社が編集した本白書は報道の自由を最大限に発揮して情報商材業界に斬り込んだ革新的な書籍です。この1年間に発売された主な情報商材をすべて購入、専門家が精査、精読し、その全貌を明らかにし、項目ごとに評価し、格付けしています。これ1冊で買っていい情報商材と買ってはいけない情報商材のすべてがわかるという情報商材選びの決定版です。

これでもう、「騙されるのではないか」という不安を持って商材を購入する必要がなくなります。本当に自分に必要な商材を、適正な価格で購入することが可能になります。

本白書販売に当り、一時的に自身の商売に影響することを省みずご協力いただいた有志の皆様に深く感謝するとともに、この白書の版を重ねるにつれ、「情報商材=詐欺的」「情報商材は電子書籍にあらず」という汚名が晴れ、世の中に広く認知された情報販売の形態に進化する一助になることを願っております。
------------------------引用終わり---------------------------------------


インフォトップとは仲が悪かったりしますが私は情報業界の健全化に取り組まれている方なので
応援しています。
数々の有名起業家とのパイプも強いようです。
本当に役に立つ情報を発信されている方とのパイプが逆に密になっているような気がします。
いろんな詐欺商材がなくなって、本物のみが残っていくようになれば情報を売る、買うということに対する胡散臭さが払拭されるのではと思います。
詳しくは
セールスページ
を見てください。

セールスページを見るとその詳細がわかりますが、殆どの有名商材がチェックされているようです。
181商材の内容と検証が網羅されています。
昨年、これが発刊されたのは知っていたのですが、お値段が高かった(98,000円でした!)ので手がでませんでした。
しかし、今回期間限定のお値段で9900円です。
最新版をダウンロードして、さらに百科事典のような大型冊子版で読みたい場合も
4月30日までに購入すれば送料無料です。

私も辞典のような冊子版が欲しいと思ってセールスページを見たのですが、どうも最新版のダウンロード後に
冊子が届くようですね。
4月30日までに申し込むと送料900円が要らないので是非この機会に。また届きましたら報告しますね♪
E−BOOK白書(イーブック白書) 2008 春 増補最新版

今日も記事がちょっぴりお役にたちましたら
infoblogランキング
人気ブログランキング
↑↑↑
ポチっとしていただけると
すごーくうれしくて
また更新する力が出ます♪

この記事へトラックバックしてください、アクセスアップします。
トラックバックの仕方はこちらです。


   
ネットビジネスのスキルアップ作戦 | permalink | comments(6) | trackbacks(1) | - | -

ホームページ売上げドットコムリンクスタッフについて


■ホームページ売上アップドットコム リンクスタッフ紹介


"アフィリエイター御用達"のホームページ売上アップドットコムの
リンクスタッフに登録しませんか?

今ならリンクスタッフ無料登録した全ての人に、最短15分でゲットできる
2,000円キャッシュバックキャンペーン中です!


○豊富なリンクスタッフ特典

・全員に2,000円キャッシュバック!(バナー貼り付けやブログ記事を投稿するだけ!)
・低価格で効果のある"売れる"サービスで高額報酬ゲット!
・売上ランキングボーナス10,000円!

・毎日100名前後の新規登録があるリンクスタッフ人気NO1の実績
・あなた経由のリンクスタッフ登録者一人につき、紹介者報酬500円(無制限)!
・紹介者売上の間接報酬(50%)で紹介すればするほど報酬が増え続けます。

・高額売上報酬に加え、1クリック10円のクリック保証型報酬
・誤字、脱字、サービス改善案の情報提供で500円キャッシュバック(無制限)
・毎月のように行われるキャッシュバックキャンペーン!

・300個以上の検索エンジンへ無料登録代行
・バナーを貼り付けているページが自動的に検索エンジンに登録されます!
・リンクスタッフ登録で検索エンジン上位表示も実現できます!


詳しくは→ホームページ売上アップドットコム リンクスタッフ

また、マインドマップ ラスでは、ホームページ売上アップドットコム
SEOノウハウを無料で公開しています!


MindManager(マインドマネージャー)を無料ダウンロードすると見ることができます。
ネットビジネスのスキルアップ作戦 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
関連キーワード
気になる,ブログ,パソコン,初心者,最近,情報,スキルアップ,面白い,サイト,インターネット,メッセージ,福島原発,影響,福島第一原発,事故,放射能,ベクレル,放射線,シーベルト,地震,汚染,がれき,放射性物質,東日本,震災,1号機,2号機,3号機,4号機,倒壊,高濃度,汚染水,水,除染,食物,被曝,ガイガーカウンター,セシウム,キセノン,ストロンチウム,小出裕章,武田邦彦,木下黄太