気になる最近の情報について

〜PC初心者のスキルアップ作戦から福島原発事故の現状まで〜

パソコンを買ったけどー。ネットは見てるけどー。メールと検索はするけどー。他には。。。??
パソコン初心者でもできることを一緒に探っていきましょう。使えるサイト、面白いサイトなどインターネット情報を掲載しています。
最近は主に福島第一原発事故情報を発信。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 放射性物質への不安…福島県の漁業、農業、動き始めました。 | main | 東京湾海底のセシウム濃度7ヶ月で13倍になっている。 >>

福島第一原発の2012年5月現在の現状についてのまとめ

JUGEMテーマ:日記・一般

福島第一原発の現状のまとめが福島民友ニュース
に出ていましたので転載します。

2012年5月9日の経済産業省の特別事業計画の中を
みると、海洋汚染を防ぐためにステップ2として地下水の遮水壁工事着手した
とあります。実際はどの程度進んでいるのでしょうか。

************************************************
汚染水処理、不具合続き 
                     大震災14カ月の第1原発

 東京電力福島第1原発事故の発生から11日で14カ月となる。
1年余りの収束作業により現在は冷温停止状態は
保たれているが、高濃度の放射性物質を含む汚染水の
処理装置はトラブルが絶えず、燃料の状態や格納容器の損傷状況
などは、いまだに正確に分かっていない。
9日に経済産業省に認定された特別事業計画にも
1〜4号機の廃炉に向けた工程表が盛り込まれたが、
実現には不透明な要素は尽きず、乗り越えるべき課題は多い。 
 メルトダウンを起こした1〜3号機は原子炉に「循環注水冷却」を導入。
汚染水の放射性セシウムなどを除去して炉に再注水し、
燃料の冷却が続けられている。
 爆発で建屋が損傷した1号機はカバーが完成、
3号機ではクレーンで屋上部のがれき撤去が進められている。

 建屋が爆発し、使用済み燃料プールが野ざらしになっている
4号機は屋上部のがれき撤去と同時に、4月に建屋カバーの
建設工事に着手。プール底のコンクリートの強度低下が懸念され、
来年には燃料取り出しの着手を目指しており、
建屋カバーと天井クレーンなどを設置する
コンテナの建設が作業実現の鍵を握る。 

(2012年5月11日 福島民友ニュース)
*********************************************
http://www.minyu-net.com/news/news/0511/news10.html

福島原発事故について | permalink | - | - | - | -
関連キーワード
気になる,ブログ,パソコン,初心者,最近,情報,スキルアップ,面白い,サイト,インターネット,メッセージ,福島原発,影響,福島第一原発,事故,放射能,ベクレル,放射線,シーベルト,地震,汚染,がれき,放射性物質,東日本,震災,1号機,2号機,3号機,4号機,倒壊,高濃度,汚染水,水,除染,食物,被曝,ガイガーカウンター,セシウム,キセノン,ストロンチウム,小出裕章,武田邦彦,木下黄太