気になる最近の情報について

〜PC初心者のスキルアップ作戦から福島原発事故の現状まで〜

パソコンを買ったけどー。ネットは見てるけどー。メールと検索はするけどー。他には。。。??
パソコン初心者でもできることを一緒に探っていきましょう。使えるサイト、面白いサイトなどインターネット情報を掲載しています。
最近は主に福島第一原発事故情報を発信。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 打ち切られた除染〜チェルノブイリ原発事故後26年経っても30キロ圏内半分は『永遠に立ち入り禁止』区域 | main | 宮城県の放射能被害について…仙台も危ない。 >>

ペルーのイルカにつづきペリカンなど鳥の大量死のニュースについて

JUGEMテーマ:日記・一般

イルカやくじらの打ち上げが地震の前触れというのは3・11以降定説
となっていますが、ペルーでは大量のイルカに続き、
ペリカンなどの鳥の大量死が確認されているというニュースです。

ウイルスが原因かと言われているようですが、地震との
関連も気になるところです。


CNNより転載

**********************************************
 

イルカに続いてペリカンが
              浜辺で謎の大量死 ペルー

2012.05.01 Tue posted at: 10:39 JST

(CNN) ペルー北部の海岸で、538羽あまりのペリカンが
死んでいるのが見つかった。当局が29日に明らかにした。
この一帯では4月にイルカの死骸も大量に打ち上げられ、
当局が死因などを調べている。

ペルー海洋研究所が周辺約70キロの海岸を調べたところ、
ペリカンのほかにも鳥類の死骸が見つかり、死んだ鳥は592羽に
上ると推定。国営テレビは、同国北部ピウラ州プンタネグラから
ランバイエケ州サンホセにかけての160キロの海岸で、
約1200羽の鳥の死骸が見つかったと伝えている。

鳥類は海岸で死んだとみられ、当局は今後詳しい検査を
行って死因を調べる意向。地元の漁師などによると、
鳥の死骸は2週間ほど前から見かけるようになったという。

この一帯は4月にイルカ877頭の死骸が打ち上げられた
ばかりだが、鳥類の大量死との関係は現時点で分かっていない。
イルカが大量死した原因もまだ調査中だが、同国環境省は
モルビリウイルスやブルセラ菌といった病原菌が流行した
可能性もあると話していた。

ペルー北部の海岸に最近、イルカの死骸(しがい)が
相次いで打ち上げられ、専門家らが原因を調べている。
今年初めからの合計は877頭に上るという

http://www.cnn.co.jp/fringe/30006436.html

**********************************************
東日本大震災を予言して当てたと言われている
ジョセフ・ティテル氏の予言にも鳥などの大量死の
項目があります。

日本はもう一度大きな震災に見舞われるとの
予言もあります。

この手のものは眉唾なのですが、とても気になります。

以下阿修羅より転載
*********************************************
ジョセフ・ティテルの予言

筆者はこれまで多数の予言を見てきたが、内容も時期も完全に
外しているものが圧倒的に多いのが現状だった。
だが否定できない高い的中率の予言がいくつか存在する。
そのひとつはメルマガに紹介したジョン・ホーグであり、
もう一人はニューヨークの40歳の霊媒師、ジョセフ・ティテルである。

ティテルは毎年の元旦にその年の予言を自分のブログで公開している。
その的中率は高く、これまでも東日本大震災、放射能漏れ事故、
マイケル・ジャクソンの死、エリザベス・テーラーの死など数々の
予言を的中させてきた。最近では日本でも注目されており、
ネットでも日本語訳が出回っている。サイト、「ドリームパワー」の訳を掲載する。

2011年元旦に発表された2011年予言

東日本大震災

「津波による被害のニュースを聞くようになったのはここ
最近のことだと思います。少なくとも僕は今まで聞いたことが
ありません。しかしこれから数年間、みなさんは津波の被害を
何度も耳にすることになります。これから12ヶ月から14ヶ月ぐらい
の間に津波が大きな被害をもたらします。そのうちのひとつは日本、
中国、メキシコのいずれかです。そして一度襲われた場所が2度
襲われます。一度襲われた場所から150キロ以内の場所が襲われます。」

福島第一原発の放射能漏れ事故

「化学工場、もしくは原子力発電所で爆発、火災、空気汚染を
ともなう事故が発生します。この汚染は死に至るもので、
最初の発表は何も問題がないというものですが、それが嘘であること
が後に分かり、人々は病気や皮膚の異常などから救護センターに
駆け込みます。これがどこで発生するかはわかりません。
ロシアかもしれませんが、アメリカではないと思います。
ガスマスクをしている人が見えます。」

女優エリザベス・テーラーの死

「最近はリズのニュースはめったに聞きませんが、2011年の
終わりから2012年の始めにかけて彼女のニュースをたくさん
聞くことになります。彼女は大きく転倒をするか、床に崩れ落ちます。
そしてそれによって問題が起きるか、胸に水がたまります。
胸の水は肺炎、うっ血性心不全、塞栓のいずれかです。
また、リズは長年の功績により、何かの大きな賞を受賞します。
オスカーかもしれません。この受賞は彼女の死後かもしれません。
おそらく一つだけではなく、二つの賞を受賞します。」

これらはほんの一例にすぎない。全体を通して見ると、
かなりの数の予言が的中していることが分かる。

予言を読むときの心構え

このような的中率の高いティテルの予言であるが、
内容は決して明るいものではない。下手に読むと
恐怖心だけが煽られる結果にもなる。そのような恐怖に満ちた
予言を見ることにどこれほどの意味があるのか、
疑問に思うかもしれない。

おそらく予言とは、我々の深層無意識に潜んでいる恐怖の
イメージが具体化したものであろう。その意味で予言と
は、いわば我々が毎夜見る悪夢の内容をかいま見ている
ようなものだ。

悪夢をかいま見ることには大きな意味があるように思う。
過去に2000年問題とうのがあった。2000年になると
コンピュータの日付が00に戻ってしまい、コンピュータが
誤作動の原因となるという問題だ。銀行のオンライン
システムの停止、電力や水道などの生活インフラの停止など、
2000年にどんなことが起こるのか、恐ろしい恐怖の物語を
何度も聞かせられた。だが実際には、ほとんど何も起こらなかった。

その理由ははっきりしている。そのような悪夢のシナリオを
回避するためのコンピュータのシステムの改変が
急ピッチで進んだからだ。このような恐怖のシナリオが
存在しなければ、こうした事前の回避策を取ることは
できなかったであろう。

同じように予言も、もっとも否定的な状況のシナリオを
提示することで、将来起こる可能性のある危機に我々を
準備させ、危機を回避するための行動を促す効果があるはずだ。

予言を見るときはそのようなものとしてとらえ、
決して感情では反応しないようにしてほしい。ましてや、
予言の内容を頭から信じ込んでしまってはならない。
これはあくまで我々の深層無意識にある悪夢のイメージで、
現実ではないのである。

ジョン・ホーグは、「成功した予言とは回避された予言であり、
失敗した予言とははからずも的中してしまった予言なのだ」
と言っているが、まさにその通りだろう。
多くの人々と悪夢の内容を共有し、最悪のシナリオを回避する
ための第一歩を踏み出せればよいと思っている。
以下が2012年の最悪のシナリオだ。

ティテルの2012年予言全訳

これは今年の1月2日にジョセフ・ティテルがユーチューブで
公開した「2012年予言」の全訳である。
予言にはすべて番号が付いている。44番からいきなり51番まで
飛んでいるが、これはティテルが番号のカウントを間違えてしまった
ことが原因だ。番号の訂正はせず、そのまま翻訳した。

この予言は後半にゆくほど重要になる。重要なものは赤で示した。

この予言の他に、「環境変動の予言」と「有名人の予言」が
公開される予定である。またティテルによると、
上の予言もどんどん内容を書き足してブログで公開すると
言っている。これらはすべて筆者のメルマガで紹介する予定だ。

1)鉄道の脱線事故
日本、中国、ないしはヨーロッパのどこかで列車の
大規模な脱線事故が起る。「101」という数字が見えるが、
何を意味しているのかははっきりとは分からない。
犠牲者の数かもしれないし、日付かもしれない。
これはテロのような人為的に引き起こされたものであるかもしれない。

2)アラスカ州の論争
アラスカで起った政治運動との関連で政府や
FBIもかかわる大きな論争が始まる。

3)複数の地域でテロ
ひとつは、東ヨーロッパのどこかの国で地下鉄の駅か
バスステーションが爆破される。また、3カ所の地域で
バスが爆破される。ひとつはオーストラリアで起り、
もうひとつはイスラエルの首都、エルサレムで起る。

4)ロシアでのテロ
ロシアの地下鉄がテロで爆破される。
昨年にも起ったが、これは2度目になる。

5)2012年7月24日
この日は世界が驚くような出来事がたくさん起り、
新聞の見出しを飾る。この傾向は7月一杯続く。

6)バスのテロ
都市の混雑している通りを走行中のバスが爆発される。
これは3つの異なった地域でほぼ同時に起るか、続いて起る。

7)大きな土砂くづれ
地域は特定できないが、大きな土砂くづれが発生し、
病院のような大きな建物が倒壊する。「3」や「30」という
数字が見える。これは犠牲者の数なのかもしれない。

8)メキシコ湾岸の原油関連事故
テキサス州を中心としたメキシコ湾岸地域で、
原油に関連した事故がまた発生する。
これは大統領選挙戦の真っ最中に起きるので、
有力候補者が被災地をいち早く助けることを名目に
事故の処理に介入するので、混乱状態になる。

9)歴史的な巨大嵐
かつて経験したことのない規模の巨大な嵐が襲う。
これの破壊力は甚大だ。

10)ハワイの津波
ハワイで小規模な津波が発生する。
船がいくつか破壊されたりするが、被害はほとんどない。

11)キューバの混乱
キューバでは指導者の一人が暗殺される。
2012年はキューバにとって混乱の年になる。
麻薬に対する本格的な戦争が始まる年となる。

12)日本の地震
日本では再度大規模な地震が発生する。
M8.1程度の規模で、3.11の東日本大震災からさらに
北西の震源で発生する。
1月1日に地震があったがこれはこの予言された地震ではない。

13)過去に例がない災害
過去に例がない巨大な災害が襲う。
どこで起るかははっきりしないが、気象変動か、
または奇病の流行が原因だと思われる。
膨大な数の人々が亡くなる。アメリカやカナダでは、
有名人をはじめ多くの人々が被災者の救済に乗り出す。
場所は分かり次第ブログで公表する。

14)ドイツの混乱
2012年はドイツにとって混乱の年になる。
多くの国民が政府に怒り、抗議運動が拡大する。
いたるところでデモや暴動が見られるようになる。

15)世界の抗議運動
抗議運動は世界中で一気に拡大する。
どの地域でも政府の政策や格差に対する怒りが爆発し、
政治的な混乱が続く。しかしこれは最終的によい結果をもたらす。
現在の政治体制は、このような直接的な抗議運動によって
はじめて変更が可能となるからだ。混乱の結果、
将来的にはるかにましなシステムが生まれる。

16)巨大な地震
場所は特定できないが、海底の震源でM9.1という
記録的な地震が起る。これは13)の「過去に例がない災害」の
一部である可能性が大きい。

17)ノールウエーの指導者の暗殺
ノールウエーで指導者の一人が暗殺される。
多くの人が悲しんでいる新聞記事が見える。

18)ジャクソンの死
ジョー・ジャクソンなのかジェシー・ジャクソンなのかは
分からないが、ジャクソンの名前を持つ著名人が死亡する。
もちろんこれはすでに死亡しているマイケル・ジャクソンの
ことではない。このジャクソンは男性だろうと思われる。

19)大きな建物の火災
場所は特定できないが、大きなビルで火災が起り
周辺のビルにも被害が及ぶ。「マディソン」という名前に
関連した場所だが、いまは特定できない。被害者が出る。

20)乳癌の治療法の発見
乳癌の画期的な治療法が発見される。
これは医学の分野の突破口となる。

21)前立腺ガンの治療法の発見
男性の前立腺ガンの治療法で画期的な発見がある。
これだけではなく、2012年は大きな科学的な発見が
相次ぐ年となる。これは人類の歴史に関してもそうだし、
地球外生命についても画期的な発見がある。
こうした発見を通して、人類の存在に関する理解が進む。

22)カリフォルニアの警察
カリフォルニアで6名の警察官が市民の虐待、
麻薬取引、盗みなどに関与していることが
おとり捜査で明らかになる。

23)連続殺人犯の逮捕
FBIは連続殺人犯の逮捕に成功する。この人物は
トラックの運転手で、これまでに132人を殺害していることが
明らかになる。被害者は遠くヨーロッパにまで及んでいる。
史上最大の連続殺人となる。

24)3人の政治指導者の死
昨年は金正日の死が大きな事件だったが、
2012年には3人の政治指導者が命を落とす。
一人は自然死だが、残りの2人は国民の怒りと暴動が原因で
殺害される。火炎瓶が飛び交い、多くの爆発が起るのが見える。
地域はまだよく分からないが、中東である可能性が大きいように思う。

25)トンネルの崩壊
おそらく北カリフォルニアではないかと思うが、
いくつかのトンネルが同時に崩れ落ちる事故が起る。
これは山のトンネルや河川の下を通るトンネルの両方だ。
時期は分からないが、夏になる可能性が大きい。

26)米大使館のテロ
おおらくアフリカのどこかの地域かポーランドで、
米大使館が2つ連続テロで爆発される。被疑者は7人に
なる見込みだ。

27)航空機の事故
おそらくニューヨークだろうが、航空機が滑走路で
事故を起こす。「1209」という数字が見えるが、
これが12月9日という日付であるのか、便名であるのかは
分からない。

28)新しい抗ガンワクチン
ガン治療のための新しいワクチンが開発される。
最初は期待されるが、結果的には効果があまりないことが発見される。

29)オバマの入院
オバマ大統領が入院する。オバマが病院のバルコニーから
外にいる人々に向かって手を振っているのが見える。
オバマは大事にいたることなく退院するが、
お笑い番組の「サタデーナイトライブ」などでネタにされる。

30)宇宙関連の発見
NASAや中国、またはロシアなどで宇宙に関連した
大きな出来事がある。ひとつは、宇宙に関連した極秘情報が
ネットの有名サイトで暴露され、大変なセンセーションを引き起こす。
はじめ当局はこれを完全に否定するけれども、
最終的には事実であることを認める。
次に、2012年の末になると、新しい惑星や銀河の発見がある。
また、地球に向かう小惑星が発見される。
この小惑星は人々の注目を集め、海に落下する。

宇宙船に関連した事故が3つ起る。
おそらく中国かロシアの宇宙船だ。ひとつの事故は
宇宙で起るが、後の2つは地上で起る。
ひとつの事故は犠牲者が出ずに収束するか、
残りの2つは犠牲者が7人から9人出る。

31)アメリカの大統領選挙
アメリカの大統領選挙はオバマが地滑り的に勝利する。
共和党の候補者はミット・ロムニーになるが、
この人物は大きな政治的スキャンダルを起し、
期待を完全に裏切る。この結果、オバマが圧倒的な支持で勝利する。

32)イランの暴発
この数年、イランに関してはとても悪い波動を感じている。
イランは周辺諸国で大きな問題の種になる。
2012年になるのか2013年になるのか時期は
はっきりとは分からないが、大きな爆発が起るのが見える。
これはイラン国内かもしれないし、国外かもしれない。
これはどう見ても核爆発だ。これで、中東の一部の地域が
廃墟になるのが見える。これはイランによる攻撃が原因だ。

33)オーストラリアの政変
オーストラリアで大きな政変がある。
国のリーダーが変わる。これはとてもよい変化で、
新しいリーダーは愛される。

34)森林火災
オーストラリアで巨大な森林火災が発生する。
何マイルにもわたって森林が燃えるのが見える。
激しい雨が降るので、これで火災は収まる。

35)子供の死
シカゴトリビューン紙で「警官が子供の死の容疑で逮捕される」、
ないしは「警察が子供を殺した容疑者を逮捕する」という2つの
ヘッドラインが見える。いずれかがシカゴで起るのだろう。

36)インドの崩壊と困難
今年インドは崩壊する。また、パキスタンとの緊張が高まり、
両国でミサイルが飛び交い戦闘が始まる。
インドは他の国々の協力の申し出を断るので、
インドにとっては非常に困難な年になる。
国内ではデモや暴動が発生し、政府はこれを徹底的に弾圧する。

37)ホワイトハウスのぼや
ホワイトハウスではぼやが起るが、
すぐに消火され、たいしたことにはならない。

38)複数の大手銀行の破綻
銀行の前で人々が長い列に並んでいるのが見える。
これは複数の大手の銀行が破綻した光景だ。
これは、アメリカ、カナダ、メキシコ、イタリア、イギリスなど
各国で起る。これで現在の金融システムは信用を失う。
一方、対照的に、地域の共同体と一体となった信用組合や
共済組合などは繁栄する。

39)ホワイトハウス前の抗議運動
ホワイトハウスの前に多くの人が集まり、
大規模な抗議運動を行うのが見える。抗議運動は
ホワイトハウスだけではなく、議会の指導者の邸宅の前でも
行われる。この光景はアメリカのみならず、世界各地で見られる。

40)ワシントンの航空機墜落
ワシントン州なのかワシントンDCなのかは分からないが、
航空機が住宅街に墜落する。もしかしたらこれは2つの異なった
出来事なのかもしれない。ひとつはワシントンでの航空機の墜落と、
もう一つは別の航空機の住宅街への墜落である。

41)海外の航空機墜落事故
イスラエル近郊だと思われるが、航空機の墜落が国際的な論争
の的になるような事件が発生する。

42)テロの脅し
あるビデオが公開され、マスメディアで繰り返し報道される。
このビデオにはある人物が写っているが、顔が分からないように
ぼかしが入り、声も変えられている。この人物は外国人で
、アメリカでテロを起すと脅すが、これはすべて根拠のないウソ
であることが判明する。この人物はFBIによりアメリカ国内で逮捕される。

43)米軍の配備
オバマ政権は米軍を新しい地域に出動させる。
これは明らかに戦争への準備である。地域ははっきりしないが、
中東である可能性が大きい。

44)エネルギーの問題
電力の供給で大きな問題が多数発生する。

51)海で問題が発生
海賊などによる船舶のハイジャックが多数発生し、
人命が失われる。タンカーが炎上するのが見える。
このようなハイジャックは、4月と12月に起る可能性が大きい。
また、クルーザーの横で爆発が起るのが見える。

52)有名人の航空機事故
音楽に関係した有名人が、小型の航空機の事故で死亡する。
7人が亡くなるようだ。

53)大きな葬儀
巨大な葬儀が2度行われるのが見える。
ひとつは有名人の突然の死、次は著名な政治家の死である。
これはアメリカとイギリスで起る。時期は5月と9月だろうと思われる。

54)水の問題
日本政府は隠しているが、東日本大震災の被災地では水が
とてつもなく汚染している。これからこの地域で多くの奇形児が
生まれるので、水が汚染していることがはっきりする。
どの地域でも、2012年には水の問題が大きくなる。
水は大変に入手しにくくなる。その原因の一つは汚染である。
水を使う前に煮沸消毒するように義務づける地域も出てくる。
また、広範囲の停電のため水の供給が止る地域を出る。

55)中国の激動
2012年は中国にとって激動の時期となる。
大きな爆発が2回発生する。この爆破が戦争によるものなのか、
それとも事故によるものなのかはっきりしない。
ひとつは核爆発で、原子力発電所の事故、ないしは核弾頭の爆発
である可能性もある。中国は日本などの周辺諸国と紛争を
引き起こす。爆発のひとつは都市で起る。
これで大変な数の人々が犠牲になる。

56)日本の困難
2012年、日本は大変な困難に直面する。
実質的にメルトダウンしてしまう国があるが、
それは日本、中国、ロシアのいずれかである。
放射能事故が再度日本を襲う。これで環境は破壊され、
多くの動植物が死ぬ。核爆発で火傷しケロイドを負った人々が
逃げ回る光景が見える。彼らの顔は明らかにアジア人だ。

57)フィリッピンの困難
フィリッピンでも多くの問題が発生する。ミサイルを発射するような
紛争に巻き込まれたり、天候異変や地震が起ったりする。

58)破壊される人工衛星
通信衛星のひとつが完全に破壊される。原因は、太陽フレアか
小惑星の衝突だ。これにより、携帯電話などの通信が一時的に
途絶える。新しい衛星が打ち上げられるが、急いで準備したため
衛星に多くの問題が発生し、まともに機能しない。

59)イランの問題
イランが大きな問題の焦点になる。「イランが侵略した」
ないしは「イランが侵略された」、また、「イランが攻撃した」
ないしは「イランが攻撃された」という新聞の見出しが見える。
すでに何年も前から私はこの光景を見ている。
中東のある地域は完全に焼け野原になる。

60)インドの地震
インドをM8.5の巨大地震が襲う。また地域は特定できないが、
史上最大の火山の噴火が起る。
日本でも大きな地震が起ると言ったが
、これで多くの人命が失われ都市が完全に破壊される。

61)海外の航空機事故
飛行している航空機が上空で爆破される。
4月と17という2つの数が見えるが、これが4月17日であるのか、
それとも4月と17は異なる数なのかははっきりしない。
この爆破で戦争が始まる。

62)炭疽菌のテロ
ある人物が炭疽菌を封筒に同封し、大企業の社長や
著名な政治家に送る事件が起る。郵便局が完全に閉鎖される
光景が見えるが、これが炭疽菌の事件との関連で起っているのか
どうかは分からない。郵便局で銃の乱射がある可能性もある。
これはニューメキシコ州、アリゾナ州、ネバダ州などの砂漠地帯で起る。

63)ルイジアナ州の洪水
ルイジアナ州でダムか堤防が決壊し、洪水が起る。

64)発電所の事故
発電所で爆発があり、地域一体が停電する。
地域はニューヨーク州のバッファローであろう。
原因はハリケーンの可能性がある。

65)ラスベガスの停電
「ラスベガスの大停電」という新聞の見出しが見える。
原因は太陽フレアの直撃による発電所の機能停止などが考えられる。

66)すさまじい数の魚の死
海岸、湖、河川などいたるところですさまじい数の魚が
死んでいるのが見える。当局は原因を説明するが、
この説明は偽りである。
また膨大な数の鳥が落下していきなり死ぬ現象も多く見られる。

67)隠された秘密の暴露
2012年は長い間隠されてきた秘密が暴露される年となる。
それは、性的な虐待や政治的なスキャンダルなどである。
それとともに、ピラミッドの建設やエイリアンなどの古代史にかかわる
事実も新しく発見される。

大統領選挙について

オバマ大統領ほどアメリカとアメリカ国民を愛している大統領は
いない。彼の代りは存在しないのが現実だ。
2012年はオバマにとって非常に危険な年になる。少なくとも暗殺は
2回起る。ひとつは大統領戦のキャンペーンを行っている最中、
都市の通りで起る。2つとも未遂になるだろうが、
もしオバマが暗殺されることにでもなればアメリカは大変な状況に陥る。

2012年は、予想した通りにはものごとが進まない
サプライズの年になる。大統領選挙も同じで、共和党の候補は
ミット・ロムニーになるが、すでに述べたように彼は予想外の
スキャンダルで大敗する。その結果、オバマは圧勝する。

オバマは新しい経済政策を打ち出し、よい結果をもたらす。
だがこれまでとは基本的に異なる経済のシステムが導入される。
紙幣とは異なる新しい通貨の形態が導入される。

アメリカの経済はまだまだ落ちる。特に株式市場は非常に悪い。
投資している人はいまから抜け出したほうがよい。
市場は暴落するが、これはアメリカ以外の市場も同様である。

金はよい投資になるだろう。2月に一時的に金は下落し、
その後また上昇する。金を購入するにはとよい時期となろう。
一方、金に資金が集まるため、米政府は個人が保有できる金の量を
制限する規制を導入する。

金以外にも銅などの貴金属は上昇が期待できる。
だが銀には注意したほうがよい。4月から5月には銀は
下落し、それから価格は回復しない。

かなりの数の大手銀行が破綻する。
これに代り、地方の小さな金融機関が発展する。
オバマ政権は銀行に厳しい規制を導入し、
これまでのようなマネーゲームができないようにする。

こうした規制が導入される背景には、全米で盛り上がる
抗議運動の成功がある。
銀行への規制という抗議運動の要求が実現するのである。

オバマ政権の経済政策は2012年の9月を過ぎる頃から
やっと効果を現し始める。雇用は回復する。

また住宅価格も上昇に転じる。住宅に投資するのであれば、
いまがチャンスである。4月から5月に住宅価格は上昇に転じるはずだ。

以上である。

これはジョセフ・ティテルの「2012年の予言」の全訳である。
ティテルのブログで内容に追加があれば、メルマガで紹介する。
またティテルの「環境変動の予言」もメルマガで紹介する。

続く。
*********************************************
http://www.asyura2.com/10/idletalk39/msg/752.html

使えるインターネット情報 | permalink | - | - | - | -
関連キーワード
気になる,ブログ,パソコン,初心者,最近,情報,スキルアップ,面白い,サイト,インターネット,メッセージ,福島原発,影響,福島第一原発,事故,放射能,ベクレル,放射線,シーベルト,地震,汚染,がれき,放射性物質,東日本,震災,1号機,2号機,3号機,4号機,倒壊,高濃度,汚染水,水,除染,食物,被曝,ガイガーカウンター,セシウム,キセノン,ストロンチウム,小出裕章,武田邦彦,木下黄太